若いうちに健康運を占ってもらおう

若い頃は健康なんて興味がないという人が大半でしょう。
なぜかというと何もしなくても若い頃は健康で体力があるから無茶も出来ます。
そして若い頃は恋愛に重点を置く人が多いですよね。
占ってもらうのにわざわざ健康運なんて選ばずに恋愛運を占ってもらいたいと思う方が自然です。

しかし若くて健康な時だからこそ健康運を占ってもらいませんか?
なぜかというと健康の大切さは健康じゃなくなった時に気づきますが、その時点で気づいても遅いのです。
生活習慣が原因で病気になるケースは非常にたくさんあります。
栄養のバランスがとれた食生活か、運動は適度にしているのか、残業ばかりで睡眠不足になっていないか・・・などなど気を付けないところがたくさんあります。
そしてそれらは長い年月の積み重ねが大きく影響してくるので、病気になってから慌てて健康に気遣っても健康を取り戻す事は出来ません。

今は若くて健康でも、人は誰でも年をとり、病気になるかもしれない。
だからこそ自分の健康運はどんな感じで何に気を付けておけばいいのか、何歳ごろに病気になる可能性があるのか事前に知っておきたいのです。
あるデータでは男性の独身者の平均寿命は70歳で、既婚者の平均寿命は80歳と10歳も差がある事は分かりました。
これは独身と既婚者とでは生活習慣もまるで違ってきますし、感じるストレスなども異なってくる事も影響しているのかもしれません。
そして結婚のチャンスは20代~30代の期間に結婚出来ないとその後に出来る確率はガクっと減ってしまいます。
つまり恋愛運だって健康運と実は関わっているという事なのです。

Copyright(c) 2015 xxx All Rights Reserved.